映画『コーダ あいのうた』を見た

今年最初に見た映画。タイトルは音楽の用語(終尾部)だと思っていた。鑑賞後たまむすびでの町山さんの紹介を聞き、Children of Deaf Adlut/sの略だったと知って驚いた。聴覚に不利のある親をもつ聞こえる子供。そういう境遇を指す言葉を知らずに生きてきた…

大江英樹『となりの億り人』を読んだ&自分が影響を受けたお金関連の本5冊

となりの億り人 サラリーマンでも「資産1億円」 (朝日新書) 作者:大江 英樹 朝日新聞出版 Amazon 2019年の調査によると日本で1億円以上の金融資産を持っている世帯は133万世帯。これは一般世帯の2.4%に当たる。世帯主100人のうち2人から3人は「億り人」がい…

稲生平太郎『アクアリウムの夜』『アムネジア』を読んだ

アクアリウムの夜 (角川スニーカー文庫) 作者:稲生 平太郎 KADOKAWA Amazon アムネジア (角川書店単行本) 作者:稲生 平太郎 KADOKAWA Amazon 書影はアマゾンだがDMMブックスでポイント還元セールをやっているのでそちらで買ってiPadminiのアプリで読んだ。以…

ハイジ・J・ラーソン『ワクチンの噂 どう広まり、なぜいつまでも消えないのか』を読んだ

ワクチンの噂――どう広まり、なぜいつまでも消えないのか 作者:ハイジ・J・ラーソン みすず書房 Amazon 新型コロナウイルスの対抗手段としてワクチンが開発され接種されている。しかし接種を拒否する人たちも世界中に数多くいる。著者はユニセフやWHOのワクチ…

町山智浩『それでも映画は「格差」を描く』を読んだ

「最前線の映画」を読む Vol.3 それでも映画は「格差」を描く(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル) 作者:町山智浩 集英社 Amazon 近年、世界各国で経済格差や貧困をテーマにした映画が増えてきているという。カンヌ映画祭のパルム・ドール…

ジェームズ・ブラッドワース『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』を読んだ

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した~潜入・最低賃金労働の現場~ 作者:ジェームズ・ブラッドワース 光文社 Amazon イギリスのジャーナリストによる最低賃金労働現場の体験ルポ。原題はシンプルにHIREDなので邦題はだいぶ盛っているというか煽…

年末年始は『メトロイド ドレッド』をやって過ごした

年末年始の休暇はゲームをやって過ごしたい気分だった。ゲーム機はSwitchしか持っていない。『ホロウナイト』を達成率MAXになるまで遊び尽くした自分、同じメトロイドヴァニアで何かいいのないかとググったら『ENDER LILIES』が評判よく、トレーラーを見ると…

2022年 年初に思う

大晦日の夜はワインを飲みながら録画しておいたドキュメント72時間を何本か見て、10時から孤独のグルメのスペシャルを見た。見終わったら11時半だった。紅白は1秒も見なかった。それからメトロイドドレッドの二周目の続きを少しやってふと時計を見たら0時3分…

2021年を振り返る

今年も昨年に引き続き新型コロナ流行による外出自粛・密回避な一年だった。ようやく秋にワクチン二回目の接種を終えることができた。周囲に感染者は出ず、無事また一年を生き抜けたことを素直に喜びたい。未だ世の中も自分の日常も非常時のままである。 映画…

映画『マトリックス レザレクションズ』を見た&2021年に見た映画まとめ

年内で映画館で見るのはこれがラスト。公開二週目の日曜レイトショーで観客10人くらい。もう『マトリックス』がどういう話だったのか詳細はほとんど覚えていない。三部作すべて劇場へ見に行っているのだが…。 前半はかなり面白い。メタ的に過去の三部作を振…

嫌われ者には挨拶の機会はなくLINEも来ない

多少ぼかして書いている。本日、年内の業務が終了した。自分は来年一月から勤務先は同じまま職場だけ異動になる。もう一人、同じく来年一月付けで転勤する人が同じ職場にいた。例年ならば送別会を開いて送り出すところだが今年はコロナのため開催できず、代…

2022年の幸先詣に行ってきた

先週の土曜日は気温が低く、風が強かった。なんでか知らぬが前日仕事中から頭痛があり、この日起きても治らなかったが、ホテルを予約していたのでダウン、ネックウォーマー、手袋、タイツの完全防寒装備をして昼過ぎに出発。同行者と合流し、国会議事堂前駅…

江川紹子『「カルト」はすぐ隣に  オウムに引き寄せられた若者たち』を読んだ

「カルト」はすぐ隣に オウムに引き寄せられた若者たち (岩波ジュニア新書) 作者:江川 紹子 岩波書店 Amazon カルトによるマインドコントロールについてオウム真理教を例に検証・分析する。1章では教祖麻原の生い立ちとオウム真理教の成り立ちを、2章ではオ…

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』を見た

公開週の土曜日でも海外のホラー(スリラー?)映画のレイトショーだと客は10人かそこら。みなマナーよく、久々にストレスなく快適に鑑賞。気持ち前目のシートにしたら前に誰もおらず、上映中後ろの観客を意識することもなかったので体感的にはシアター内に…

2021年買ってよかったもの

…の前に2020年の買ってよかったものを振り返る。 hayasinonakanozou.hatenablog.com 上の記事中ではレンチンラーメン丼以外はすべて2021年も一年通して使用した。どれも一軍といっていいくらい活躍し、今年も自分の生活を豊かにしてくれた。プロジェクターは…

映画『パーフェクト・ケア』を見た

U-NEXTの配信で。1900ポイントは映画館の一般料金とほぼ同額。自宅のなんちゃってホームシアターで見ても迫力に欠けるが、近場の映画館で上映していないのでそこまで行く交通費や時間、さらに席ガチャとトレードオフと考え配信を選択。 老人を食い物にする恐…

ここ最近、配信で視聴した映画

ここ二週間で視聴した映画の感想をTwitterを絡めつつ簡単に残しておく。U-NEXT、年内で解約するか検討中。月会費2200円のうち1200円分のポイントが付与されるので実質(この「実質」がクセモノなのだが)1200円。見放題作品を週一で見ると一本あたりの料金は…

エド・ゲイン関連の二冊を読む──ハロルド・シェクター『オリジナル・サイコ』とロバート・ブロック『サイコ』

オリジナル・サイコ―異常殺人者エド・ゲインの素顔 (ハヤカワ文庫NF) 作者:ハロルド シェクター 早川書房 Amazon サイコ (創元推理文庫) 作者:ロバート ブロック 東京創元社 Amazon ヒッチコックの映画『サイコ』(原作はロバート・ブロックの小説)のノーマ…

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』を見た

アルカイダを追跡する過程で、アメリカ軍がグアンタナモ収容所にて囚人に行った拷問を告発する。日曜夕方で観客は10人くらい。前の方にいた男が上映前にマクドナルドのセットを持ち込んで食い始めたのに驚いた。笑い話的に聞いたことはあったが本当に映画館…

横浜へ行ってきた

いつからかは知らないが、東武東上線が元町・中華街に直結したので埼玉から電車で横浜へアクセスしやすくなった。今回が初めての利用だが。横浜へ行ったのは人生で三回くらい。中学生の頃の遠足と、別の女性と二回。たしか。最後に行ったのは何年前だろう、1…

余分に金を払って快適さを買うタイプ

togetterのこんなまとめがはてブに上がっていた。 togetter.com で、自分はこんなコメントを。 新宿まで急行でも30分程度なのに、追加で料金がかかる特急に並んでる姿を見て驚いた…「スタバ我慢して快適に帰る方がコスパいい」 埼玉県民。ラビューやレッドア…

映画『由宇子の天秤』『マリグナント 凶暴な悪夢』を見た

約一ヶ月ぶりの映画館。土曜日に『由宇子の天秤』、日曜日に『マリグナント』を。 前者、町山さんがラジオで絶賛していたので見るのを楽しみにしていたが、かなり退屈で苦痛を感じるレベルだった。二時間半の上映時間は長すぎる。音楽が流れないせいで盛り上…

カロリン・エムケ『なぜならそれは言葉にできるから』を読んだ

なぜならそれは言葉にできるから――証言することと正義について 作者:カロリン・エムケ みすず書房 Amazon この本は二ヶ月くらい前に再読している。初読はもっと前、今年の春先頃だったか。一読して圧倒され、感想を書こうにも書けなかった。そのうち時間が…

小山清『風の便り』を読んだ

小山清はいい。文は人なりという言葉があるけれど、遠慮がちに、慎み深く、善美を希求するその文章を読むと胸が温かくなる。本書には著者自身の身辺を語ったり内省するような作品が11編収録されている。勤務先の金を使いこんだがために刑務所に服役し、夕張…

歌舞伎町で何もしない

先週末、連れと二人で歌舞伎町へ行ってきた。行くのは2020年3月以来なので1年7ヶ月ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い人の多い場所への外出をできる限りで控えてきた。が、ここへきて新規感染者数が大幅に減少し(原因はよくわからない)、10月25日に…

母の引っ越し

アラームは5時50分にセットしていたが5時半頃に目が覚めた。ベッドから出て階下へ降り、トイレで排尿したのち洗面所で手を洗い、口をすすいだ。少し肌寒く、蛇口から温水が出てくるのに時間がかかった。水をコップ一杯飲んだ。朝食兼弁当のスープを作るため…

ブックオフせどり黄金時代の記録──吉本康永『大金持ちも驚いた105円という大金』を読んだ

大金持ちも驚いた105円という大金 作者:吉本 康永 三五館 Amazon 還暦間近の予備校教師によるブックオフせどりの記録。2007年当時、著者は事業の失敗と複数の不動産購入により毎月の40万円のローン返済を抱えていた。そこへリーマンショックによる不況と少子…

ブックオフにあまり通っていないけれど『ブックオフ大学ぶらぶら学部』を読んだ

ブックオフ大学ぶらぶら学部 作者:砂鉄, 武田,トロンボ, 大石,賢二, 山下,貴司, 小国,晋, 佐藤,幸治, 馬場,潤一郎, 島田,Z 夏葉社 Amazon ブックオフの魅力と思い出を執筆者たちが述べた本。自分はあまりブックオフに思い入れはなくて、掘り出し物を見つけ…

『押井守監督が語る映画で学ぶ現代史』を読んだ

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史 作者:押井守,野田真外 日経BP Amazon 押井監督の映画評論も三冊目。1963年の『世界大戦争』から2014年の『キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー』、さらにはYouTubeへと至る映画・映像作品から、制作当時の時代精…

エリック・ジェイガー『最後の決闘裁判』を読んだ

最後の決闘裁判 (ハヤカワ文庫NF) 作者:エリック ジェイガー 早川書房 Amazon リドリー・スコット監督の映画の原作。映画へ行く前に内容を把握したく読んだ。結果的には先に読んでから映画を見て正解だった。退屈な映画だったが読んでいなかったらもっと退屈…